ジョン・デリンジャー
John Dillinger (アメリカ)



ジョン・デリンジャー

 ギャングの代名詞として悪名を馳せるジョン・デリンジャーであるが、彼自身は意外にも1人しか殺害していない。にも拘わらずFBIに「社会の敵ナンバーワン」と目されたのは、FBI長官エドガー・フーヴァーが自らの失態を誤魔化すためであった。

 ジョン・デリンジャーは1903年6月22日、インディアナ州インディアナポリス近郊で生まれた。父は食料品店や貸家業を営んでいたので、彼は貧困ゆえに悪の道に踏み込んだわけではない。ジェシー・ジェイムスへの憧れから不良少年たちとつきあうようになり、気がついたらリーダーになっていたのである。20歳の時に厳格な父から逃げ出すために海軍に入隊したが、ならず者の彼が軍の規律になじむ筈がない。脱走すると故郷に戻り、そこで強盗を働いて逮捕された。
 収容されたインディアナ州立刑務所は、悪党の巣窟であった。デリンジャーはここで後の相棒、ハリー・ピアポントに出会う。そして、数多くの先輩たちから強盗のイロハを学んだ。

 8年半後の1933年5月、仮釈放されたデリンジャーはムショ仲間と組んで銀行強盗を始めた。窓口の防護柵をひらりと颯爽に飛び越えるデリンジャーの姿は注目を集めた。また、銀行にいた客からは一銭も奪おうとしなかったことから、義賊的なイメージが大衆に植えつけられた。
 やがて100万ドルほど稼いだデリンジャーは、まだムショにいたピアポントを救い出すために、看守を買収して銃を差し入れた。この件がもとでデリンジャーは逮捕されてしまうのだが、ピアポントたちは脱獄に成功。そして、借りを返すために拘置所を襲撃して、デリンジャーを奪還するのであった。

 再会したデリンジャーとピアポントは、脱獄組を仲間に加えてパワーアップして暴れ回った。1日で2つの銀行を襲ったこともあったという。警察の裏をかいて翻弄するデリンジャー一味に大衆は溜飲を下げたが、シカゴのファースト・ナショナル銀行を襲った時にデリンジャーは初めて殺人を犯す。ウィリアム・オマリーという警官を射殺してしまったのである。この件が警察を奮起させたことは間違いない。1934年1月27日、デリンジャーはトゥーソンで逮捕される。
 しかし、デリンジャーの凄みは、何度逮捕されても諦めないところだ。この時も木を掘って作ったニセ拳銃で看守を欺き、まんまと脱獄してみせた。このあたりの痛快さが、大衆がデリンジャーを支持する所以なのである。



デリンジャーの遺体

 脱獄したデリンジャーは、新たにベビーフェイス・ネルソンを一味に加えて巻き返しを始めた。しかし、創設されたばかりのFBIは「デリンジャー特捜班」を設けて、その逮捕に躍起になっていた。
 1934年4月22日、タレ込みによりFBIはウィスコンシン州北部のリトル・ボヘミア・ロッジにいる一味を包囲した。そして、ロッジから出て来る3人の男に銃撃したが、彼らは一味ではなく一般人だった。うちの1人が死亡したことが報道されると、FBIに市民の非難が集中した。フーヴァーがデリンジャーを「社会の敵ナンバーワン」と呼んだのはこの件以降である。自らの失態をデリンジャーに押しつけたのだ。

 遂にデリンジャーが最期を迎えたのは3ケ月後の7月22日のことである。アンナ・セイジという売春宿のおカミがタレ込んだのだ。シカゴのバイオグラフ劇場で映画を観たデリンジャーは、劇場を出るや否や捜査官に囲まれた。そして、その場で射殺された。射殺の理由は「彼が銃を抜いたから」が公式見解であるが、目撃者によれば、彼は銃を抜いていなかったという。
 デリンジャーを始末したことでFBIとフーヴァーはその名を上げ、合衆国市民から認知されることになる。つまり、FBIにとってはデリンジャーさまさまだったのだ。

 なお、射殺されたデリンジャーについては、今尚「替え玉説」が有力に主張されている。その根拠を列ねると長くなるので割愛するが、私は殺されたのは本物だと思っている。彼ほどの無法者が、その後に隠れて平穏に暮らせる筈がない。ならず者に憧れて、ならず者として死んで行った男の生き様を、私は尊重したい。


参考文献

週刊マーダー・ケースブック48(ディアゴスティーニ)
『世界犯罪百科全書』オリヴァー・サイリャックス著(原書房)
『世界犯罪者列伝』アラン・モネスティエ著(宝島社)
『世界犯罪クロニクル』マーティン・ファイドー著(ワールドフォトプレス)


counter

BACK