ジーン・ハリス
Jean Harris (アメリカ)



ジーン・ハリス


『スカーズデイル・ダイエット』


ターノワーとリン・トライフォロス

 ジーン・ハリスは『刑事コロンボ』の犯人として登場しそうな人物である。なにしろ名門女子校の校長だったのだ。ところが、彼女には完全犯罪を成し遂げる意志は毛頭なかった。ただただ嫉妬に狂い、激情に駆られて犯行に及んだのである。聡明な女性であっても色に溺れれば何を仕出かすか判らない。そんな教訓のような事件だった。

 ジーン・ハリスがドクター・ハーマン・ターノワーと出会ったのは1966年、ニューヨークで開かれたディナー・パーティーの席上であった。2人はすぐに互いの知性に惹かれ合った。男女の関係になるまではそう時間はかからなかった。
 既に社会的に成功していた2人は、もう若くはなかった。フィラデルフィアの学校で校長をしていたジーンは当時42歳。2人の息子がいたが、夫とは1965年に離婚している。もう煩わしい結婚のことなど考えたくもなかった。
 一方、56歳のターノワーは、ブルックリン育ちのユダヤ人というあまり恵まれていない環境の中でひたすら学業に勤しみ、心臓病の専門医として自らの診療所を持つまでに至った野心家である。ひた走って来た彼は、結婚のことなど考えたこともなかった。そして、成功した今、彼は独身貴族としての優雅な暮らしを楽しんでいた。
 そんな訳で「おとなのふたり」は結婚を前提としないおつきあいを14年も続けた。互いにキャリアを積むに従って、遠く離れて暮らすことも多くなったが、週末はたいがいニューヨークのスウィートで過ごしたし、 許す限り旅行にも出掛けた。

 1977年、ジーン・ハリスはヴァージニア州マクレインのお嬢さま学校、マデイラ・スクールの校長に就任した。一方、ターノワーは、知人に頼まれて執筆した『スカーズデイル・ダイエット』(彼が経営するスカーズデイル・メディカル・センターで出していた病人食を紹介したダイエット本)がベストセラーになり、一躍有名人になってしまった。1979年のことである。
 この頃からふたりの関係に亀裂が生じ始める。『スカーズデイル・ダイエット』の執筆にはジーンの多大な貢献があったにも拘わらず、ターノワーの関心はナースのリン・トライフォロス(37)に移り始めていたのである。
 うん。いいよなあ、ナースは。
 いや、私の感想はともかく、おとなのジーンはこれまでもターノワーの些細な浮気は見逃してきた。ところが、このたびはちょっと様子が違う。どうやら浮気ではなく本気のようなのだ。それまでは彼女が同伴していたウエストチェスター心臓病協会主催の晩餐会に今年はお呼びがかからなかったのだ。ターノワーはリンを同伴しようとしていたのである。
『スカーズデイル・ダイエット』の口絵写真もジーンを大いに苛立たせたことだろう。ターノワーとリンが仲良く並んで、読者に向ってにこやかに病人食を勧めるその写真(左)は、ほとんどジーンに対する挑発である。彼女が嫉妬に狂ったのも頷ける。

 1980年3月9日、ジーンは思いの丈を便箋14枚にも渡って書き綴り、ターノワーに送りつけたが、モヤモヤした気持ちは治まらなかった。翌日の深夜11時に彼氏の家に押し掛けた彼女は、ガレージから侵入すると、32口径の引き金を4回引いた。家政婦の通報で警察が駆けつけた時には、腹部を撃たれたターノワーは既に手後れだった。

 公判でのジーンは礼儀正しく、落ち着いていて、とても殺人事件の被告とは思えなかった。やがてプレイボーイとしてのターノワーの素行の悪さが明るみになると、彼女への同情が集まった。「彼の前で自殺しようとしたが止められて、揉み合ううちに銃が暴発した」という彼女の弁明は通るかに思われた。
 ところが、ジーンが犯行の前日に送りつけた便箋14枚にも渡る恨み節、一般に「スカーズデイル・レター」と呼ばれることになる手紙が法廷に提出されると流れが変わった。

「あなたの財布から2回ほどお金を抜きました。あのキチガイ売女が私の人生をめちゃくちゃにした代償です。私にはくだらない遊びに使うお金なんてないのに、あなたには有り余っているのですね」

 それはリン・トライフォロスに対する口汚い罵りとターノワーに対する恨みと怒り、そして金に対する病的な執着で溢れていたのだ。なにしろ便箋14枚である。とても同一人物が書いたものとは思えなかった。
 この手紙はジーンに殺人の動機があることを雄弁に物語っていた。陪審員は有罪を評決し、ジーンは終身刑を宣告された。聡明で文才のある彼女は、刑務所制度の問題をテーマにした本を獄中で2册執筆したそうである。


参考文献

『愛欲殺人事件』タイムライフ編(同朋舎出版)
『情熱の殺人』コリン・ウィルソン(青弓社)
週刊マーダー・ケースブック19(ディアゴスティーニ)
『愛欲と殺人』マイク・ジェイムズ著(扶桑社)
『世界犯罪クロニクル』マーティン・ファイドー著(ワールドフォトプレス)
『LADY KILLERS』JOYCE ROBINS(CHANCELLOR PRESS)


counter

BACK