メアリー・ロジャース事件
The Mystery of Mary Rogers (アメリカ)



事件に便乗した1843年のカレンダー


遺体発見の再現図

 1841年7月28日、ニュージャージー州ホボケンを流れるハドソン川の船着場で若い女性の水死体が発見された。衣服は身につけていたがひどく破れて、ペチコートは履いていない。顔には殴打の跡がある。強姦後に殺害されたものと思われた。
 身元はすぐに割れた。21歳のメアリー・ロジャースはブロードウェイにある煙草屋の看板娘だった。ニューヨークではちょっとした有名人だったのである。

 メアリー・ロジャースは1820年、ニューヨークで生まれた。5歳の時に父を失い、母は下宿屋を経営して、女手一つでメアリーを育てた。そんな訳でメアリーは早いうちから働きに出た。前述の煙草屋で働き始めたのは彼女が20歳の時だった。
 メアリーはスラリと背が高く、近隣で評判の器量良しだった。そんな女性が直接手渡してくれるというので、煙草屋はたいそう繁盛した。店主のジョン・アンダーソンは大喜びだった。

 ところが、10ケ月ほどした1841年1月某日、彼女が初めて欠勤した。常連が心配して訊ねると、店主は首を捻って「さあ、どうしたんだか…」。母親も心当たりはないと云う。警察が動き始め、新聞もその行方不明を報じた。しかし、その消息は杳として知れなかった。
 6日後に彼女はひょっこり顔を出した。幾分やつれている。姿を消した理由を訊かれて、田舎の親類の家に行っていたと説明した。母親も店主もそれを裏付けたので、騒ぎはこれで収まった。ところが、間もなく奇妙な噂が広まる。彼女が姿を消している間、背の高い二枚目の海軍士官と一緒にいたの見たというのだ。するとメアリーは数日後に煙草屋をプイと辞めてしまう。そして、1ケ月後に婚約した。相手は母親の下宿に住んでいたダニエル・ペインという事務員だった。

 5ケ月後の7月25日、メアリーはダニエル・ペインに「ブリーカー街の叔母の家に行って来ます」と告げて家を出た。ペインは夕方に迎えに行くことを約束したが、激しい雷雨に見舞われた。たまには叔母さんの家に泊まるのもいいでしょう。母親がそう云うので、ペインは迎えに行かなかった。
 ところが、翌日になっても彼女は帰って来なかった。心配したペインが叔母さんの家まで走ると、彼女は昨日は来なかったと云う。またしても行方不明になってしまったのである。
 2日後、前述したような状態でメアリーの遺体が発見された。腐敗がかなり進行していたため、解剖されることなく、直ちに埋葬された。

 1週間ほど経った頃、検視官のもとに匿名の手紙が届いた。メアリーが消えた日の午後にホボケンで見たというのである。彼女は6人の粗野な男たちと共にボートを降り、森の中に入って行った。楽しそうに笑っており、無理矢理連れて行かれているようには見えなかった。
 やがて2人の男が出頭し、手紙と同じようなことを供述した。しかし、その女がメアリー・ロジャースであったかどうかは断言出来なかった。



「ニック・ミュレンズ」という宿屋

 ほどなくしてホボケンの乗合馬車の御者からこのような情報が寄せられた。メアリーらしき女が肌の浅黒い男と共に「ニック・ミュレンズ」という宿屋に入るのを見たというのだ。
 尋問された宿屋の女将のロス夫人はこのように供述した。その二人連れなら午後4時頃に訪れて、軽い食事を摂ると日が暮れる前に宿を出た。しばらくして森から悲鳴が聞こえた。息子かと思って動揺したが、幸いに息子ではなかった。

 それから1ケ月が過ぎた9月25日、森で遊んでいたロス夫人の息子たちが茂みの中からペチコートとスカーフに日傘、そして「MR」というイニシャルの入ったハンカチを発見した。どうやらここが「現場」らしい。
 ほどなくして、婚約者のダニエル・ペインがこの場所で自殺した。

 この事件に興味を抱いた作家がいた。エドガー・アラン・ポーである。件の煙草屋の常連だった彼はメアリーと顔見知りだったのだ。舞台をパリに置き換えた『マリー・ロジェの謎』を執筆すると、1842年11月から3回に渡って『スノーデンズ・レディーズ・コンパニオン』誌に連載した。
 ポーの推理は当時の大方の見解である複数犯行説を否定するものだった。すなわち、メアリーが最初に失踪した時に噂された「海軍士官」こそが「肌の浅黒い男」であり、この男の単独犯行としたのである。
 ところが、第1話が発表された後に『ニューヨーク・トリビューン』紙にスクープが掲載された。ロス夫人が息子の銃の暴発で死亡した際に、メアリーは堕胎手術の失敗により死亡したと告白したというのである。
 あら、ショックぅ!
 ポーは慌てて新たな結末を書き加え、どうにか体裁を取り繕ったが、なんとも納まりの悪いものとなった。

『ニューヨーク・トリビューン』紙のスクープは裏が取れていないので、真実であるかどうかは判らない。しかし、検事は堕胎説に傾いていたようである。そして、事件は未解決に終わった。
 時は流れて1948年、堕胎説を補強する事実が明らかになった。サミュエル・コップ・ウォーゼンという弁護士が、メアリーの雇い主だったジョン・アンダーソンの遺産を巡る裁判記録から以下のような証言を発見したのだ。
「アンダーソンはメアリー・ロジャースの堕胎費用を支払い、そのために面倒なことに巻き込まれた。しかし、彼女の死には直接には関わっていない」
 つまり、メアリーはアンダーソンの愛人だったのである。

 以上を前提に、このような推理が成り立つ。
 メアリーが失踪したのは堕胎手術を受けるためである。だから彼女はやつれていたのだ。「海軍士官」の噂を流したのは、ひょっとしたらアンダーソンかも知れない。彼女の失踪が予想以上の大騒ぎになってしまったので、我が身に火の粉が降り掛かる前に先手を打ったのだ。
 問題は2度目の堕胎の際の父親は誰かということだが、ペインだとしたら、彼も当然にその死の原因を知っていた筈である。自殺したのは責任を感じたからだろう。
「6人の粗野な男たち」の手紙はロス夫人が出した可能性が高い。違法な堕胎手術を斡旋していることがバレないように、警察の眼を逸らそうとしたのだ。ところが目撃者がいた。仕方がないので遺品を森にばらまき、犯行現場を偽装したのである。

 真相は不明だが、この結論が最も合理的であるように思える。


参考文献

『殺人の迷宮』コリン・ウィルソン著(青弓社)
『世界不思議百科』コリン・ウィルソン著(青土社)
『ポオ小説全集3』エドガー・アラン・ポー(東京創元社)


counter

BACK