アレクサンダー・ピアース
Alexander Pearce (オーストラリア)



アレクサンダー・ピアース

 映画『パピヨン』は執念の主人公が遂に流刑地からの脱出に成功し、感動のうちに終わる。しかし、眼をこらすと、マックイーンが乗ったココナッツ袋を水面下で支えているダイバーが見える。
 興醒めやねえ。
 それはともかく、流刑地からの脱出は恐ろしく危険なのだ。流刑地になるぐらいだから付近に人はいない。よって食料にありつくのも困難極まる。パピヨンも滅茶苦茶腹が減ったことだろう。そして、隣に仲間がいた場合、食人に発展する恐れがある。アレクサンダー・ピアースの場合がそうだった。

 アイルランドに生まれたピアースは、29歳の時に6足の靴を盗んで7年の流刑を云い渡された。流された先はヴァン・ディーメンズ・ランド、現在のタスマニア島である。
 1822年9月20日、ピアースは7人の仲間と共に脱獄し、ボートを盗んで海を渡りオーストラリア本土に逃げ延びた。ところが、そこは切り立った崖や森林に覆われた未開の土地で、人が暮らせる環境ではなかった。食料を得られることなく1週間が過ぎた。
「こんなことなら脱獄なんかしなきゃよかった」
 ダルトンが吐き棄てるように云った。これにカチンときたグリーンヒルが、他の仲間たちに提案した。
「ダルトンを食べようぜ」
 ピアースの供述によれば、

「眠っているダルトンの頭にグリーンヒルが斧を振り下ろし、トラバースが喉を掻き切ってとどめを刺した。腹を切り裂き、内臓と取り出すと、頭を切り落とした。グリーンヒルとトラバースは心臓と肝臓を火で焙り、まだ十分に火が通らないうちに齧りついた」

 ダルトンはすぐになくなってしまった。残りの7人のうち非力な2人が「次の食事になってたまるか」と逃げ出した。流刑地に戻ろうとしたが、途中で餓死したようである。
 10月10日、ボーデナムが次の食事になった。残った4人は彼をむさぼり喰いながら不可侵条約を結んだ。ところが10月も終わる頃、空腹に耐えかねたグリーンヒルがメイザーの頭に斧の一撃を加えた。メイザーは気丈に抵抗して生き長らえたが傷は深く、死ぬのは時間の問題だった。

「メイザーはもう観念していた。我々は彼に30分だけ祈る時間を与えた。祈り終えると、彼は頭を地面に横たえた。そこにグリーンヒルが斧を振り下ろした」

 次にトラバースが犠牲になり、とうとうグリーンヒルとピアースだけになってしまった。どちらか先に眠った方が負けである。
 ここではたと気がついた。この状況はジョン・カーペンターの『遊星からの物体X』にそっくりではないか。最後に2人だけが生き残り、互いに警戒しつつ暗転する。映画はそこで終わる。しかし、現実の世界では決着をつけなければならない。
 負けたのはグリーンヒルだった。ウトウトし始めた彼の喉をピアースが掻き切ったのだ。

 1週間後、ピアースはようやく人影を見つけて九死に一生を得た。己れが過ごした恐るべき2ケ月間の地獄絵図を洗いざらい告白し、もう二度と食人行為に及ばないことを誓って、流刑地へと戻って行った。

 ところが人間とは不思議なもので、懲りないのである。1年後の1823年11月16日、ピアースはまたしても脱獄した。仲間はトマス・コックスの1人だけで、彼は11月19日に早々と殺害された。このたびのピアースはかなりの悪党である。彼はコックスをハナから「歩く食料」としか見ていなかったのだ。逮捕された時、流刑地から持ち出した魚や果物は手つかずだった。つまり、人肉よりも魚や果物の方が彼にとっては「非常食」だったのである。一度禁忌を犯してしまうと、二度目はへっちゃらになってしまう。恐ろしいことである。

 ピアースは翌年の1824年に処刑され、その頭蓋骨はサミュエル・ノートン博士のコレクションに加えられた。現在、フィラデルフィア自然科学アカデミーに展示されているそうである。


参考文献

『カニバリズム』ブライアン・マリナー著(青弓社)
『世界犯罪百科全書』オリヴァー・サイリャックス著(原書房)


counter

BACK