ドロシア・プエンテ
Dorothea Puente (アメリカ)



ドロシア・プエンテ

 品のいい婆さんだったようである。ところが、その実体は連続殺人犯。彼女がそうなったのは、不幸な生い立ちゆえである。ウィリアム・ヴィカリー医師は法廷でこのように述べている。

「彼女が大金を必要としたのは、人から愛されたかったからなのです」

 飲んだくれの両親にネグレクトされて育ったドロシアは、関心を惹くために嘘をつくことを憶えた。ところが、それでも構ってくれず、嘘は次第に突飛なものになっていった。担任教師が「カウンセリングを受けさせるべきだ」と保護者に忠告したほどだ。成人後も虚言癖は変わらなかった。

「イラン国王に求婚されたこともございますのよ。でも、彼の目的は私の財産でしたの。だから丁重にお断りしましたわ」

 これは7つの遺体が埋められていた屋敷の大家であるリカルド・オードリカが聞いた話だが、お前、よくこんなの信じたな? 上沼恵美子ばりの大風呂敷じゃないか。

「もう大昔のことですけど、大戦中に欧州で捕虜になりましてね、その時の体験をまとめた本が近々出版されますの。是非読んで下さいね」

「かつては外科医だったのですが、指先が効かなくなりましてね、それで引退しましたの。残ったのはメキシコとタホ湖にある別荘だけですわ」

「実は私、ガンを患っておりますの。広島に原爆が投下された後、現地で従軍看護婦をしておりましてね。おそらく、あの時に放射線を浴びたことが原因ですわ」

「ひとから好かれたい、敬われたい、注目されたい」という思いが過剰なのだろう。彼女はおそらく、真実を語っていることの方が少ないのではないだろうか? 驚くべきことに、彼女は年齢まで偽っていた。
 えっ? 女性が年齢を偽るのは当り前じゃないかって? いや、彼女は下にではなく上に偽っていたのだ。自称70歳の彼女は、実はまだ59歳だったのである。

 ドロシア・プエンテ、旧姓グレイは1929年1月9日、カリフォルニア州サンベルナンディノ郡レッドランズで生まれた。綿摘み人夫だった両親は前述の如くアル中で、ドロシアが4歳の時に父親が、6歳の時に母親が死亡した。彼女はいったん孤児院に収容された後、親類に引き取られた。
 17歳の時にフレッド・マクフォールと結婚したが、2年後に死別。死因は心臓発作だったそうだが、今となっては疑わしい。彼女が殺したのではなかったか?
 それはともかく、生活に困った彼女は小切手の偽造を始めた。すぐに逮捕されて懲役1年の実刑を喰らう。23歳の時にアクセル・ヨハンセンと再婚するが、婚姻中も彼女は路上で客をとり、何度も逮捕されている。
 おいおい、何がイラン国王だよ。とんだアバズレじゃないか。

 37歳の時にヨハンセンと離婚し、ロベルト・プエンテと再婚する。ここでようやく彼女にも運が巡ってきたかに思われた。サクラメントの市街地にある3階建ての古い屋敷を購入すると、そこで看護施設の経営を始めたのである。髪をブロンドに染めて優雅に振るまい、
「アバズレだった頃の私は本当の私じゃないの!」
 とばかりに品性溢れる院長を演じ始めた。常勤の調理人を雇い、祝祭日ともなれば地域の人々を招待して晩餐会を催した。
 たった今「デ●夫人」という言葉が私の脳裏に浮かんだが、どうして浮かんだのかを明かしてしまうと名誉毀損で訴えられてしまうことになるのでやめておこう。しかしまあ、今日の「セレブ」と云われている方々はドロシア・プエンテとそれほどには変わらない。「セレブ=玉の輿」だと勘違いされている我が国の悲劇は、ドロシアの悲劇に比べれば大したものではない。夫の浮気性に腹を立てたドロシアは鼻っつらにパンチを一撃。即行で離婚された彼女はパトロンを失う。しかし、体面だけは守らなければならない。今や彼女は「セレブ」なのだ。かくして資金を捻出するために小切手を偽造して逮捕され、セレブの城は瞬くうちに崩れ去ったのであった。

 1985年に仮出所したドロシアは、77歳のエヴァーソン・ギルマウスと結婚する。彼は女囚に手紙を書くことを趣味としており、それで2人は結ばれたのだ。飛んで火に入る夏の虫である。翌年の1月にギルマウスは腐乱死体となって発見された。もっとも、当時はギルマウスであるかは不明だった。判明したのはドロシア逮捕後のことである。それまで彼は生きていることになっていた。ドロシアが欲しかったのは彼の貯金と年金だ。だから、生きていてもらわなければ困るのだ。

 これを元手にサクラメントのリカルド・オードリカから屋敷を借りたドロシアは、再び看護施設を始めた。入居者の殆どは貧しいヒスパニック系の年寄りか浮浪者で、云っちゃ悪いがアメリカ合衆国の最底辺に位置する人々である。そんな連中に慈愛の手を差し伸べるドロシアはたちまち地域のマザー・テレサとなった。近隣で彼女を悪く云う者は一人もいなかった。
 ところが、以前とは状況が異なる。このたびはパトロンがいないのだ。だから、彼女はいつもキューキューだった。1人あたり月350ドルの家賃収入だけでは到底賄えなかった。なにしろ体面を気にする彼女は何処へ行くにもタクシーを使い、チップを弾み、酒場に行けば皆に奢ったのだ。彼女が新たな殺人に手を染めるのは時間の問題だった。

 1986年8月19日、入居者のベティ・パーマー(77)がその日を最後に行方不明になった。ところが、その2ケ月後、ドロシアは彼女のIDカードを州から受け取っている。名前はベティ・パーマーだが写真はドロシア・プエンテだ。このカードさえあれば、ベティの年金をドロシアが受給できるのだ。
 計7名がこの狡猾な年金詐欺の犠牲者となった。いずれも身寄りのない年寄りか浮浪者ばかりだった。

 ところが、バート・モントーヤにはニューオリンズに親類がいた。彼をドロシアに預けた民生委員はそのことを知っていた。にも拘わらずドロシアは「彼はメキシコの親類に会いに出かけました」と弁明した。そんな馬鹿な。メキシコの親類の話なんて聞いたことがない。彼はコスタリカ移民なのだ。
 通報を受けた警察は「庭で悪臭がする」との聞き込みを受けて花壇や菜園を掘り返したところ、7つの遺体が埋まっていた。死因はいずれも睡眠薬の大量摂取である。うちの最も新しいものがモントーヤだった。

 ドロシア・プエンテの事件は、今日の我が国で増発している「女性による理解できない事件」のプロトタイプに思えてならない。私には共通項が見える。
 ひとから好かれたい、敬われたい、注目されたい。
 そのために我が子を殺し、火を放ち、隣人の子を殺す。常人には理解できないが、彼女たちの中では方程式は成り立っているのだ。このような事件は今後も増加の一途を辿るだろう。私は予言する。

 ちなみに、ドロシア・プエンテは、陪審員に中にヘンリー・フォンダみたいな人がいたために、死刑は免れて終身刑に処された。完全黙秘を貫いているので、犯行の具体的な内容は不明のままである。


参考文献

『世界を凍らせた女たち』テリー・マナーズ著(扶桑社)
『世界犯罪百科全書』オリヴァー・サイリャックス著(原書房)


counter

BACK