ルース・スナイダー
ジャッド・グレイ

Ruth Snyder & Judd Gray (アメリカ)



ルース・スナイダーとジャッド・グレイ


処刑写真はこうして撮られた

 ウィニー・ルース・ジャッドが「虎の女」と呼ばれて、悪女の典型のように叩かれたのは、彼女の名前の中にルース・スナイダーとジャッド・グレイが同居していたからだとの指摘がある。彼女が逮捕される4年前、国中がルースとジャッドの愛憎劇に熱中していた。そして、それはルースの処刑写真でピークを迎えた。ルースが電気椅子で殺される様を新聞記者が隠し撮りしたのだ。コリン・ウィルソンは「1920年代の禍々しいイメージの形成に大きく貢献した事件」と評している。狂騒の20年代を象徴する事件だったのだ。

 ルース・スナイダー(旧姓ブラウン)は1895年3月22日、ニューヨークのモーニングサイドで生まれた。家は貧しかった。13歳で電話交換手となり家計を支えた。
 1914年9月、電話をつなぎ間違えた彼女は相手に激しく叱責された。これがアルバート・スナイダーとの運命の出会いだ。もう一度かけてきたスナイダーは先ほどの非礼を詫び、もっといい仕事を紹介しようと申し出た。ルースの声に魅力を感じたようだ。やがて2人はデートを重ねる。19歳のおぼこ娘は生まれて初めてレストランで食事をし、観劇し、ナイトクラブで踊る。夢のような出来事だ。次第にルースの心は13歳年上のスナイダーに惹かれていった。

 翌7月に2人は結婚した。決め手はクリスマスにプレゼントされたダイヤの指輪だった。ルースは結婚後も夢のような生活が続くものと思っていた。ところが、それは見込み違いだ。アルバートは雑誌のアート・ディレクターだが大金持ちではない。それまではルースの気を惹くために多少無理していたのだ。その実際は倹約家で、極めて支配的なアルバートとルースは喧嘩が絶えなかった。1917年には娘のロレインが生まれるが、2人の関係が修復されることはなかった。ルースは母を家に呼び、娘の世話を頼むと遊び歩いた。彼女の住所録には28人の男友達の名前が並んでいた。そのうちの1人がジャッド・グレイだった。

 ルースがジャッド・グレイという名のコルセットのセールスマンと出会ったのは1925年6月のことである。レストランでの会食中に紹介されたのだ。2人はまったく正反対の性格だった。ルースは社交的で支配的。一方、ジャッドは引っ込み思案で従属的。マザー・コンプレクスとの指摘もある。だからこそベストパートナーだった。それはクリッペンと細君の関係に似ている。谷崎潤一郎も夢見たマゾヒズムの世界である。
 やがて結ばれた2人は毎週のようにホテルで密会を重ねた。ジャッドはルースのことを「マミー」と呼び、その支配=従属関係に益々磨きをかけた。
 ちなみに、ジャッドも既婚者で、妻は極めて家庭的な女性だったという。まさにアルバート・スナイダーが望んだ伴侶だ。だから取り替えればよかったのだ。そうすれば悲劇は起こらなかった。

 アルバートの殺害を企てたのはルースである。1925年9月、アルバートが自動車の下に潜って修理をしていると、ジャッキが外れて死にかけたことがあった。これが事故なのか殺人未遂なのかは不明だが、いずれにしてもルースはこのことにより夫に生命保険の契約書にサインさせることに成功した。アルバートは1000ドルの契約書にサインしたつもりだった。ところが、実は最高額の4万5千ドルの契約で、しかも事故や犯罪で死亡すれば9万6千ドルが支払われる特約が付されていたのである。

 生命保険がかけられた頃から、ルースはジャッドに夫殺しを提案するようになる。当初は寝物語の冗談かと思っていたが、やがて本気であることに気づいた。彼女はこれまでにも単独で夫の殺害を企てていたのだ。ある時は、ガレージでエンジンを吹かして調子を見ていた夫に睡眠薬入りのウイスキーを飲ませた。意識朦朧となった彼はその場に倒れ、一酸化炭素中毒で死にかけた。またある時は、夫がソファでうたた寝している隙にガスストーブのチューブを引き抜いた。またある時は、アルカセルツァーと称して塩化水銀を飲ませた。そのたびにアルバートは死にかけたが、いずれも未遂に終わった。
 こうなったらもう実力行使しかない。
 ルースはジャッドに協力を求めた。



凶器の分銅と針金

 当初はまったく乗り気でなかったジャッドであったが、アルバートとの性生活がどれほどイヤなものであるかを涙ながらに訴えられれば、彼女の云うことを聞かざるを得ない。1927年3月19日、威勢をつけるためにウィスキーをしこたま喉に流し込んだジャッドは、スナイダー邸に忍び込み、パーティーに出掛けている一家の帰りを待った。
 午前2時、娘を含む一家3人が帰宅した。アルバートはかなり酔っていた。ルースは受け取ったグラスを「今日は気分がすぐれないの」とすべてアルバートに手渡したために、いつもより多めに飲んでいたのだ。そのままベッドの上にバタンキューで高いびき。娘のロレインが寝たことを確認すると、ルースは隠れているジャッドを呼び出した。
 隠れている間もウィスキーを飲み続けていたジャッドは、フラフラになりながらもへっぴり腰で凶器の分銅をアルバートーの頭に振り降ろした。
 すか。
 はずれだった。分銅はアルバートのこめかみを掠めるに留まった。
「いててててて」
 いけね。起きちまった。
「なんだ、きさまはあ」
 アルバートはジャッドよりも遥かに大男である。差しでは敵いっこない。案の定、ネクタイを掴まれて首を絞められたジャッドは分銅を落としてしまう。
「マミー、助けてえ」
 だらしがない人ねえ。ルースは分銅を拾うと、背後からアルバートの後頭部めがけて力まかせに振り降ろした。
 ごん。
 へなへなへなと崩れ落ちるアルバート。もう既に死んでいるというのに、
クロロフォルムを浸した布を口と鼻孔に突っ込み、針金を喉に巻いて食い込ませた。その上に手足を縛る念の入れようだ。それから強盗の仕業を見せ掛けるために室内を荒らし、現金を奪うと、ルースの手足を縛った。
「念のために私を殴って気絶させてよ」
「マミーにそんなことはできないよ」
 ジャッドは別れのキスをすると、ルースに猿ぐつわをして、よろめきながら現場を去った。



ルース・スナイダーの処刑写真

 翌朝、ロレインは寝室のドアを叩く音で起こされた。ドアを開けると、手足を縛られた母親が廊下の床に転がっている。
「いったいどうしたの!?」
「お願い! 誰かを呼んで来て!」
 ロレインは慌ててお隣のマルハウザー夫妻に助けを求めた。
 現場に駆けつけた警察はいくつものおかしな点に気づいた。マルハウザー夫妻が駆けつけた時には、ルースは手首の紐は解いていたが、足首は縛られたままだった。自分で解けばいいのに。遺体の状況も強盗の仕業とは思えない。後頭部を殴った上にクロロフォルムを嗅がせて針金で首を絞めている。どんだけ用心深いんだ? 血に染まった分銅が工具箱から発見されたのも奇妙なり。強盗がわざわざ凶器をしまうか? また、ルースも殴られて気絶していたと主張したが、彼女の顔にはどこにも傷がない。きれいなもんである。
「マミーにそんなことはできないよ」
 バッカだなあ。殴っときゃよかったんだよ。
 やがて警察は「JG」のイニシャルが入ったタイピンを発見した。アルバートにネクタイを掴まれた時に落ちたものだ。ルースは「JG」とは夫の昔の婚約者「ジェシー・ギシャード」だと云い張った。もうルースの云うことは信じていなかった警察は住所録を調べた。該当者が1人だけいた。云うまでもないが「ジャッド・グレイ」だった。
「奥さん、ジャッドが何もかも吐きましたよ」
 取調官はカマをかけた。
「ジャッドがご主人の殺害を手伝ったんでしょう?」
 裏切られたと思ったルースはあっさりと罪を認めた。
「はい、その通りです」

 共に有罪となり死刑を宣告された2人は、1928年1月12日に電気椅子により処刑された。静かに死を迎えたジャッドとは対照的に、ルースは激しく抵抗し、鎮静剤を投与しなければならなかったほどだった。左が「デイリー・ニュース」紙に掲載された死の瞬間である。
 なお、死刑を待つまでの間、彼女には164件もの結婚申し込みが殺到したという。こういう女にゾクゾクしちゃう男がそれほど多いということなのか?

 ちなみに、本件はたびたび創作の題材になっている。『郵便配達は二度ベルを鳴らす』の著者ジェイムス・M・ケインの『殺人保険』もその1つだ。これは名匠ビリー・ワイルダーにより映画化されている(邦題『深夜の告白』)。また、キャスリーン・ターナーの代表作『白いドレスの女』も本件に基づいている。


参考文献

『殺人紳士録』J・H・H・ゴート&ロビン・オーデル著(中央アート出版社)
『情熱の殺人』コリン・ウィルソン(青弓社)
週刊マーダー・ケースブック54(ディアゴスティーニ)
『世界犯罪クロニクル』マーティン・ファイドー著(ワールドフォトプレス)


counter

BACK