チャールズ・スタークウェザー
Charles Starkweather (アメリカ)



スタークウェザーとキャリル・フュゲート


惨劇の舞台となったキャリルの家

 俺があの娘と会った時、彼女は庭でバトンを回していた。
 俺と彼女はドライブに出かけ、10人もの罪もない人を殺した。
 ネブラスカのリンカーンからワイオミングの不毛地帯まで、
 俺たちの行く手にはだかる者はみんな殺した。
 後悔なんてしていない。
 少なくともほんのしばらくの間、楽しい時を過ごしたんだから。

 奴らは俺は生きるに値しないと云った。
 俺は地獄に落ちるとも云った。
 奴らは俺が何故こんなことをしたのか知りたがった。
 だけど、この世の中には理由のないことだってあるんだよ。

 ブルース・スプリングスティーン『ネブラスカ』

 チャールズ・スタークウェザーを題材にしたブルース・スプリングスティーンの『ネブラスカ』は、明らかにテレンス・マリック監督の映画『地獄の逃避行』をモチーフにしている。バトントワリングの練習をしていたキャリル(シシー・スペイセク)にゴミ収集をしていたチャールズ(マーティン・シーン)が声をかけたのはこの映画においてだったからだ。実際の2人の出会いがどのようなものであったかは判っていない。
 チャールズ・スタークウェザーは8日間に10人もの人を殺めた。しかし、私はこのジェームス・ディーン気取りの無法者にはあまり興味がない。私の関心はむしろ同乗者のキャリル・フュゲートにこそある。彼女は共犯者だったのか? それとも人質に過ぎなかったのか? その答えを探すことが本稿の目的である。

 時は1958年1月、この不可解な事件はネブラスカの州都リンカーンで火蓋を切った。ここ数日に渡ってバートレット夫妻を見た者はいなかった。ドアには「全員流感。立ち去るべし。ミス・バートレット」の貼紙。親類が訪ねると長女のキャリル(14)が顔を出し、
「みんな流感なの。誰も家には入れてはいけないとお医者さんに云われたの」
 ところが、2日後に訪れると家は蛻けの殻。納屋からは3つの遺体が発見された。
 マリオン・バートレット(57)。キャリルの義父。22口径のライフルで撃たれていた。
 ヴェルダ・バートレット(36)。キャリルの実母。キャリルの実父とは4年前に離婚している。やはりライフルで撃たれていた。
 ベティ・バートレット(2)。マリオンとヴェルダの娘。ナイフで刺された上、鈍器で殴られてとどめを刺されていた。
 実父の姓を名乗っていたキャリル・フュゲートの姿は見当たらなかった。

 警察はキャリルのボーイフレンドであるチャールズ・スタークウェザー(19)が怪しいと睨んだ。ジェイムス・ディーンとライフルに魅せられた、この辺りのチンピラだ。両親は7人の子を無難に育て上げたが、末っ子だけが横道に逸れた。車を盗んで乗り回しては、何度も警察のお世話になっていた。
 チャールズは直ちに指名手配された。まもなくキャリルがチャールズの車に乗っていたとの目撃情報が入る。キャリルは誘拐されたのだろうか? それとも共犯者なのだろうか?



逮捕されたスタークウェザー

 一方、チャールズたちはというと、隣町のベネットの知人宅に向っていた。ところが、途中で車が泥にはまってしまう。近所のオーガスト・メイヤー(70)宅まで歩いた。
「よお、じいさん、車を引っ張るから馬を貸してくれよ」
「またお前か。しっ、しっ。あっちへ行け。お前なんかに貸す馬はない」
 云い終えるや否や、チャールズは彼の頭を撃ち抜いた(キャリル談)。そして、100ドルと拳銃を馬と共に拝借した。

 メイヤーの遺体が発見されると、住民たちは自警団を組織してベネット周辺の捜索を始めた。ところが、2人は奪った車で再びリンカーンへと向かっていた。その車の持ち主と恋人は暴風避難用の地下室に遺棄されていた。
 ロバート・ジェンセン(17)。後頭部を6発も撃たれていた。
 キャロル・キング(16)。彼女は強姦された上、腹部を撃たれ、その上に刺されて、半裸で恋人の上に横たわっていた。

 2人の遺体が自警団により発見された頃、チャールズたちはリンカーンに戻り、キャリルの家族が発見されたことを知る。家のまわりで警官が見張っている。チャールズはそのまま直進し、町の最も大きな家のそばで車を停めた。
 彼らはその留守宅に忍び込み、じっと潜んだ。そして、家主であるC・ラウアー・ウォード(47)が帰宅するなり射殺した。妻のクララ(46)は逃げ出したが、チャールズが投げたナイフが脊髄を貫く。女中のリリアン・フェンクル(51)も縛られた上に刺し殺された。
 3人の遺体が発見されると町中がパニックに見舞われた。商店街は早々と閉店ガラガラ、シャッター街と化した。チャールズの首には1000ドルの懸賞金がかけられたが、2人は町を出てワイオミングへと向っていた。

 ワイオミングへの州境に近づいた頃、ラジオが彼らのパッカード(ウォード邸から奪った車)が指名手配中であることを報じた。運の悪いことにマール・コリソン(37)は、彼らが走る国道20号線でビュイックを停めて昼寝していた。
「車を取り替えてくれないか?」
 はあ? 何だい、あんた、薮から棒に。寝起きのコリソンは不機嫌に「あっちへ行け」と態度で示した。すかさず窓越しに2発の銃弾が撃ち込まれた。うわあ、撃つな。撃たないでくれ。取り替えるから。取り替えるから。更に7発が撃ち込まれ、コリソンは床に崩れ落ちた。
 2人はビュイックに乗り込んだが、先程の銃撃でサイドブレーキが壊れてしまって発進できない。もたもたしているところにパトカーが通りかかった。
「助けて! この人、人殺しよ!」
 飛び出したキャロルが助けを求めた。マジかよ! チャールズはパッカードに飛び乗ると死にもの狂いで逃げ切ろうとした。ところが、勢い余って別のパトカーを追い越してしまう。やべえ。バンバン撃ってきやがる。後部ガラスが割れて、破片がチャールズの耳に突き刺さった。いてててててて。弾に当たったと思った彼はブレーキを踏んだ。もはやこれまで。観念した彼はそのまま逮捕された。



留置所の落書き(拡大可)

 チャールズはキャリルの家族殺しは認めたが、正当防衛を主張した。彼の云い分はこうだ。
 キャリルを迎えに行くと、義父に「お前なんかとつきあう娘はここにはいない」と邪険にされた。ハナは口論だったが、次第に激昂した義父が持っていたハンマーで殴りかかってきた。チャールズは反射的に彼を撃った。するとキャリルの母がナイフを掲げて踊りかかってきた。これも撃った。その時、赤ん坊が火のついたように泣き出した。反射的にナイフを投げた。赤ん坊はその一撃では死ななかった。かわいそうに思ったので、ライフルの柄で頭を潰した。
 検事局に護送される途中の車中で、チャールズは誇らしげに、2ケ月前のロバート・コルバート(21)殺しも自白した。彼はたった100ドルのためにスタンドを叩き、店員のコルバートを射殺したのだ。

 チャールズによれば、キャリルは一切の殺人に加担していない。しかし、彼は留置所にこのような落書きを残している。

「これが読まれる頃には、俺はすべての殺しの罪を負って死んでいる。奴らはキャリルを電気椅子送りにはできない」

「チャールズは9人殺した。キャリルは2人殺した」

 これを新聞記者が発見し、翌日の朝刊のトップを飾った。キャリルは嘘だと否定した。自分も被害者だった。彼の云いなりになったのは、家族を人質にしていると脅されたからだと弁明した。たしかに、彼女は逮捕時にパトカーに助けを求めている。しかし、腑に落ちない点もある。彼女と行動を共にしているチャールズが、どうして家族を人質にできるのだ?
 世論はキャリルも共犯だったとの見解に傾いていった。かくして、14歳のキャロル・フュゲートも第一級殺人容疑で起訴されるに至った。

 一方、チャールズはというと、裁判が進むにつれ、若者たちの間でカリスマとなりつつあった。彼がそう望んだように、連中はチャールズとジェイムス・ディーンのイメージをダブらせたのだ。そのTシャツは飛ぶように売れ、ファンクラブまでもが結成された。しかし、陪審員は冷静だった。全員一致で死刑を評決した。



記者会見に臨むキャリル・フュゲート

 その後に開かれたキャリルの裁判で、証人として出廷したチャールズは前言を翻し、彼女の殺人への関与を証言した。
 まず、彼女の両親は彼女が殺させたのだと主張した。殺害の間、彼女は寝そべってテレビを見ていた。キャロル・キングは嫉妬に狂った彼女が殺した。クララ・ウォードと女中も殺した。血の臭いを消す為に香水を撒いた。こんなこと気づく奴は女しかいないぜ。チャールズは女はみんなキャリルが殺したと念を押した。恋人を地獄に道連れにしようとしていることは明らかだった。

 窮地に立たされた弁護人は苦肉の策を講じる。被告人としては異例の記者会見を開いたのである。キャリルを救うためには、彼女の若さと無邪気さを世論に訴えるよりほかにないと考えたからだ。
 ところが、記者会見は弁護人の思惑通りには行かなかった。検察は彼女のポニーテールの髪を切り、ジーンズではなくブラウスとロングスカートを着せていた。おかげで彼女は10歳も年長に見えた。しかも、テレビカメラを前に緊張して、思うように話せなかった。犠牲者の1人、ロバート・ジェンセンの父親は彼女の印象をこのように語っている。
「彼女は極めて傲慢だった。己れが関わったことの重大さがまるで判っていなかった。彼女は自分が助かることだけしか考えていなかった。後悔の微塵も感じられなかった」
 思うに、彼女は法で裁かれる前に、既に良識に裁かれていたのだ。14歳で火遊びを楽しんだ時点で有罪だったのである。陪審員の中には彼女の死刑に1ドル賭けていた者もいるというから酷い話だ。しかし、年齢が考慮された彼女は終身刑に留まった。

 私見では、キャリルは少なくとも家族殺しに関しては無実である。彼女自身が書いた貼紙がその証拠だ。
「全員流感。立ち去るべし。ミス・バートレット」
 キャリルは実父のフュゲート姓を名乗っていたので「ミス・バートレット」ではない。彼女の母親は「ミセス・バートレット」である。だとすれば、ここでいう「ミス・バートレット」とはまだ2歳の妹ということになる。そんなバカな話はないわけで、この貼紙は身の危険を知らせるためのメッセージだったと見るべきだろう。

 なお、チャールズ・スタークウェザーは1959年6月25日に電気椅子により処刑された。最後の言葉は「(電気椅子の)ベルトが緩すぎる」だったという。
 一方、キャリル・フュゲートは1976年6月20日に仮釈放された。その後もテレビに出るなどして無実を主張し続けている。ティム・ロスがスタークウェザーに扮した1993年の映画『マーダー(Murder in the Heartland)』は彼女の主張に基づいて製作されている。


参考文献

『連続殺人紳士録』ブライアン・レーン&ウィルフレッド・グレッグ著(中央アート出版社)
『殺人紳士録』J・H・H・ゴート&ロビン・オーデル著(中央アート出版社)
週刊マーダー・ケースブック41(ディアゴスティーニ)
『世界犯罪クロニクル』マーティン・ファイドー著(ワールドフォトプレス)
『GREAT CRIMES AND TRIALS OF THE 20TH CENTURY』PETER ARNOLD(HAMLYN)


counter

BACK