ポール・バーン事件
Death of Paul Bern (アメリカ)



ポール・バーン


バーンの遺書


ジーン・ハーロウ

 1932年9月5日、ビヴァリーヒルズの豪邸でMGMの映画監督ポール・バーン(42)が無惨な姿で発見された。彼はつい2ヶ月前の7月2日に、ハリウッドの有名女優ジーン・ハーロウと結婚したばかりだった。
 バーンは自宅の浴室で、こめかみを傍らに転がる38口径で撃ち抜かれて、全裸のままで倒れていた。それはジーンが実家を訪問中の出来事だった。
 バーンの残した遺書がスキャンダルに拍車をかけた。

「最愛の人へ。私が犯した恐ろしい過ちを償い、忌わしい屈辱を拭うには、残念ながらこの道しかない。愛している。
 昨夜のことは、ほんの冗談だったんだ」
(Dearest Dear, Unfortuately this is the only way to make good the frightful wrong I have done you and to wipe out my abject humiliation, I Love you. Paul
 You understand that last night was only a comedy)

「昨夜のこと」とは何なのだろうと人々は口々に噂した。その挙げ句に行き着いた結論は、とても猥褻なものだった。


1. 性的不能説

 どうやらバーンには性的な問題があり、新婦を満足させることが出来なかった。その雪辱戦がその夜に行われた。バーンは張り形を腰にくくりつけてことに及ぼうとした。ところが、それをジーンに嘲笑されて、恥ずかしさのあまりに自殺した。

 この説は巷では定説となっている。しかし、バーンは以前にも数多の女優と浮名を流している。彼が性的不能だったとは到底考えられない。
 そこで浮上するのが次の説である。


2. 三角関係説

 これは後に確認された事実だが、バーンにはドロシー・ミレットという内縁の妻がいた。彼女は精神を患い、コネチカットの診療所で療養中だった。退院して初めて愛しい人の結婚を知る。カッとなった彼女はバーン邸でひと暴れ。ジーンは泣きながら母のもとへと逃げ出した。一巻の終わりを悟ったバーンはこめかみを撃ち抜く。ドロシーも2日後に、川に身を投げている。

 この説はかなり信憑性が高い。しかし、バーンが全裸で死んでいた事を合理的に説明できない。全裸で自殺する者はあまりいないだろう。
 そこで浮上するのが次の説である。


3. 殺人説

 かつてMGMでプロデューサーをしていたサミュエル・マルクスは、自著の『Deadly Illusions』の中で、バーンは入浴中にドロシー・ミレットに殺害されたのだと主張している。
 では、「遺書」は何だったのか?
 それは確かにバーンの筆によるものだった。しかし、遺書ではなかった。数週間前に夫婦喧嘩をした翌日に、お詫びのバラの花束に添えた詫び状に過ぎなかったのだ。
 それがどうして現場にあったのか? MGMのプロデューサー、アーヴィング・サルバーグがそこに置いたからだ。実はMGM側は警察が通報を受ける前に現場に駆けつけていた。マルクスもその一人だ。そして、サルバーグがいろいろといじくり回しているところを目撃していたのだ。つまり、ドル箱スターを三角関係のスキャンダルから守るために、社長のルイス・B・メイヤーの命令で、バーンを性的不能者に仕立てて、自殺を偽装したのである。

 おそらくこれが真相に近いのだろう。


 なお、渦中の人ジーン・ハーロウは、事件については一切語ることなく、5年後の1937年6月7日に腎臓疾患のために急逝した。バーンの性的不能を信じてた人々は口々に噂した。曰く、
「嘲笑されたバーンはジーンの腹部を殴打した。それが原因でジーンは腎臓を傷めて寿命を縮めた」
 しかし、真相はこうである。ジーンの母親はクリスチャン・サイエンスの信者だった。そして、信仰上の理由から、ジーンも医者にかかることを一切拒否した。
 彼女の腎臓を痛めたのはバーンだったのかも知れないが、その死を早めたのは彼女の信仰心だったのだ。

(2007年11月3日/岸田裁月) 


参考文献

『ハリウッド・バビロン』ケネス・アンガー著(リブロポート)
『世界醜聞劇場』コリン・ウィルソン著(青土社)
アサヒグラフ『ハリウッド1920ー1985』(朝日新聞社)


counter

BACK