クロイドン毒殺事件
The Croydon Poisonings (イギリス)



検視解剖のために掘り起こされたダフの遺体

 今回はアガサ・クリスティーのような毒殺ミステリーである。

 エドマンド・クレイトン・ダフは、ロンドン郊外の端整な住宅地クロイドンで、妻のグレースと3人の子供たちと共に暮らしていた。当年59歳の彼は、かつては大英帝国の植民地、北ナイジェリアに事務官として駐在していたが、今では引退して悠々自適の年金暮らしだ。陽気な性格の彼を恨む者は近隣にはいない。危なっかしい投資に凝っていること以外には何一つとして傷のない好人物だった。

 1928年4月27日、釣りに出かけたダフは急に具合が悪くなった。どうも熱があるようだ。早めに帰宅し、夕食のチキンをビールで流し込んだ。ほどなく激しい胃痛に見舞われる。手足も痺れて、一人では寝室に歩いて行けないほどだった。直ちにかかりつけの医師ロバート・エルウェルが呼ばれたが、容態は悪化するばかりだ。そして午後11時20分、エドマンド・ダフは苦しみ抜いて死亡した。
 素人が見ても明らかに砒素中毒の症状を呈していたにも拘らず、エルウェル医師はそのことを認めなかった。検視解剖を担当したロバート・ブロンテ医師も砒素を摂取した徴候はないと断言、死亡原因を「日射病に基づく心臓発作」とした。
 んなわけあるかい。
 この時にマトモな検視が行われていたならば、更なる犠牲者を出すことはなかった。


 さて、ここで事件の関係者を整理しておこう。

 まず、妻グレース・ダフの母、ヴァイオレット・エミリア・シドニー。上流階級であることを何かと自慢するイヤなばあさんだったようだ。彼女は娘婿のエドマンド・ダフを邪険に扱っていた。というのも、彼が下層階級の出だからだ。特に、投資の失敗で娘の金を5000ポンドも擦ってからは、その傾向が強くなっていた。

 続いて、グレース・ダフの妹、ヴェラ・シドニー。当年40歳だが未婚で、母親からは溺愛されていた。

 そして、グレース・ダフの弟、トマス・シドニー。参考文献には「エンターテイナー」だったとあるが、具体的に何をしていたのかは判らない。「エドマンドを堅物すぎると感じ、彼をだしにジョークを連発していた」とあることから、漫談の類いだったのかも知れない。

 最後に、トマス・シドニーの妻、マーガレット・シドニー。彼女には事件を左右する重大なる秘密があるのだが、これについては後述しよう。ここではまだ明かすべきではない。


 エドマンド・ダフの死が誰からも疑われることなく1年近くが経過した頃、今度はダフの義妹ヴェラ・シドニーが激しい腹痛に見舞われた。1929年2月11日のことである。
 女中のケイト・ノークスと飼い猫も同様の症状を見せた。この2人と1匹に共通していたのは、昼食にスープを飲んだことだった。
 2人と1匹は2日後には回復するが、ヴェラはまたしても昼食にスープを飲んでしまう。たちどころに容態は悪化、直ちにエルウェル医師が呼ばれたが為すすべもなく、ヴェラは14日の深夜に苦しみ抜いて死亡した。
 素人が見ても明らかに砒素中毒の症状を呈していたにも拘らず、エルウェル医師は「腸インフルエンザ」と診断した。そして、このたびは検視を受けることなく埋葬されたのである。
 そろそろ誰か気づけよ。

 ヴェラを溺愛していたヴァイオレット・シドニーは悲嘆に明け暮れ、心身共に衰弱していた。エルウェル医師が処方した気付け薬のおかげでどうにか回復に向かっていたが、1929年3月5日に容態が一変する。それはいつものように気付け薬を服用し、昼食を摂った直後のことだった。
「毒よ! 毒を盛られたのよ!」
 まだ意識のある彼女は叫んだ。そして数時間後、70歳のヴァイオレットは苦しみ抜いて死亡した。
 エルウェル医師はこのたびはさすがに病死と断じることは出来なかった。なにしろヴェラの死から3週間しか経っていないのである。かくも相次ぐ死は異常事態だ。この期に及んでようやく警察沙汰となり、連続毒殺事件として認識されるに至ったのである。

 家宅捜索により気付け薬の中に多量の砒素が混入していることが判明。エドマンド・ダフとヴェラ・シドニーの症状も砒素中毒と一致する。掘り起こされた2人の遺体を解剖した当代随一の法医学者、バーナード・スピルスベリーはそれぞれから致死量を上回る砒素を検出した。
(なお、この検視解剖により、ロバート・ブロンテ医師が行った検視が如何に杜撰なものであったかが明らかになった。彼は別人の内臓を間違えて砒素の検査に回していたのだ)


 では、いったい誰が犯人なのか?
 疑われたのは以下の3人、グレース・ダフ、トマス・シドニー、そして意外にも最後の犠牲者、ヴァイオレット・シドニーである。

 ヴァイオレットが疑われたのは、彼女がエドマンド・ダフを嫌っていたからである。危なっかしい投資にうつつを抜かすようになってからは憎んでさえいた。砒素はおそらくビールに入れたのだろう。娘の家にちょいちょい出入りしていた彼女ならば、その機会は十分にあった筈だ。そして、1年後に罪の意識に苛まれたあまりに、自らを罰するために最愛の娘に砒素を盛り、そして自殺したのである…。
 しかし、この説には無理がある。彼女はたしかに婿殿を嫌ってはいたが、殺したいほど憎んでいただろうか? そこまで憎んでいたならば別れさせればいいわけであって、殺しの動機としては弱いように思える。
 また、己れを罰するために娘を殺すだろうか? 自殺であるならば、毒を盛られたと主張したことも解せない。

 一方、トマス・シドニーにはエドマンド・ダフを殺すだけの動機があった。なんと妻のマーガレットがエドマンドと密通していたのだ(このことは警察に送られた匿名の手紙により発覚した)。
 しかし、姉と母を殺すだけの動機があったとは云い難い。たしかに、2人の死により彼は8000ポンドの遺産を相続したが、財政状態は悪くなく、なにがなんでも金が欲しいという立場にはなかった。

 そこで最も疑われるのがグレース・ダフである。
 まだ41歳の彼女は性的には淡白で、夫の過度の性欲を持て余していた。また、エドマンドにはサディスティックな傾向があったようだ。彼女は夫と床を共にすることを嫌っていた。打ち身だらけになるからだ。そんな煩わしい結婚生活も、夫のナイジェリアへの単身赴任により長期に渡って中断していた。ところが、このたび引退して帰国した…。殺しの動機としては十分である。
 エドマンドの危なっかしい投資も悩みの種だったことだろう。
 また、彼女はマーガレットとの不倫を知っていた可能性もある。
 彼女とエルウェル医師が不倫の関係にあったという噂もある。これが真実だとすれば、2人は共犯だった可能性が高い。
 妹と母の殺害は遺産目的だ。職を持たないグレースは、トマス以上に経済的に逼迫していた。

 弟のトマスも姉の犯行だと確信していたようだ。ロンドン警視庁からも「できるだけ姉から離れて暮らすように」と忠告されていたという。その後、姉を避けるように妻の実家があるアメリカに移住。ニューオリンズで古物商になったと伝えられている。
 しかし、グレースを訴追するだけの証拠がない。かくして事件は迷宮入り。今日もなお「安楽椅子探偵」の格好の題材になっている。

(2007年10月4日/岸田裁月) 


参考文献

『殺人紳士録』J・H・H・ゴート&ロビン・オーデル著(中央アート出版社)
『連続殺人紳士録』ブライアン・レーン&ウィルフレッド・グレッグ著(中央アート出版社)
『殺人の迷宮』コリン・ウィルソン著(青弓社)
『世界犯罪クロニクル』マーティン・ファイドー著(ワールドフォトプレス)


counter

BACK