ウィリアム・ランカスター
William Lancaster ( アメリカ・イギリス)



ランカスターとチャビー


法廷で証言するランカスター

 無罪判決後、間もなく被告が行方不明となり、29年後にその遺体が砂漠の真ん中で発見されたという、劇的な展開を迎えた事件である。

 ウィリアム・ランカスターは第一次大戦中はパイロットとして従軍し、除隊後の1926年にロンドンからオーストラリアまで21000kmの飛行新記録を樹立し、一躍有名人となる。その時のパートナーがオーストラリア空軍の腕利き女性パイロット、ジェシー・ミラー(愛称チャビー)だった。
 2人とも既婚者だったにも拘らず、公私ともにパートナーとなり、アメリカに移住してアクロバット飛行の巡業で人気を博していた。ところが、ランカスターのメキシコ巡業中に、マイアミに残っていたチャビ−が作家のヘイデン・クラークとデキてしまう。そして、巡業先のパートナーにこのような手紙を送りつけたのだ。
「ごめんなさい、あなた。私はクラークさんと結婚します」
 ええええっ! そりゃないぜセニョリータ!

 慌てて帰還したランカスターは2人に詰め寄る。
「これはいったいどういうことだ!」
「だから、そういうことなの。ごめんなさい」
 うがあっとキレたランカスターだったが、その日は決着がつかず、対決は翌日に持ち越された。その晩はそれぞれが別の寝室に引きこもった。1932年4月20日のことである。

 日付は変わって4月21日未明、睡眠中のチャビーはランカスターに起こされた。
「大変だ!。クラークが銃で自殺した!」
「まさか…冗談でしょ?」
「冗談なんかじゃない。こっちに来てみろ」
 たしかに、クラークは頭部に銃弾を撃ち込まれた状態で、ベッドに横たわっていた。その右腕には拳銃が握られ、傍らにはタイプライターで打たれた遺書が置かれていた。

 遺書はランカスターとチャビーの双方に詫びる内容だったが、警察には自殺は唐突に思えた。むしろランカスターが殺害したと見る方が流れとしては自然である。捜査を進めるうちに、メキシコから帰還したランカスターが銃を購入していたことが判明。かくしてランカスターは殺人容疑で逮捕された。

 ところが、同年8月に行われた裁判はすっきりしないものだった。自殺か他殺かで鑑定家の意見が対立、遂に決着を見なかった。
 チャビーも手のひら返して「被告は私が知っている最良の人」などと証言、陪審員の同情を買ったランカスターは無罪放免となった。しかし、チェビーと縒りを戻すことはなかった。

 英国に戻ったランカスターは1933年4月、今度はロンドンから南アフリカまでの単独飛行記録に挑戦した。ところが、その途中で消息を絶った。南アフリカにも辿り着くことはなかった。

 月日は流れて1962年2月12日、サハラ砂漠をパトロールしていたフランス兵が、飛行機の残骸とその傍らでミイラ化した屍体を発見した。ランカスターだった。残されていた日誌から、エンジンの故障で不時着し、8日後に喉の乾きで死亡したことが判明した。死に至るまでの間に、彼はチャビーに対する今も変わらぬ愛を日誌に綴っていたという。なんと孤独な、過酷な死であろうか。

(2007年10月15日/岸田裁月) 


参考文献

『殺人紳士録』J・H・H・ゴート&ロビン・オーデル著(中央アート出版社)
『世界犯罪クロニクル』マーティン・ファイドー著(ワールドフォトプレス)


counter

BACK