ゾディアック
Zodiac (アメリカ)



1971年の映画『ゾディアック・キラー』

 1968年12月20日、カリフォルニア州ヴァレーホのレイク・ハーマン・ロード、通称「恋人たちの小道」での出来事である。午後11時頃、息子を迎えに町まで車を走らせていたステラ・ボルヘスは、道に横たわる人影を見つけた。咄嗟に事故だと思った。そばには車が停まっている。すぐにもう一つの人影を見つけた。今度は女性で、道路脇の砂利の上で大の字になっている。
 事故じゃない! 殺人だ!
 怖くなった彼女はアクセルを踏んだ。やがて680号線に近づいたところで前方からパトロールカーが見えた。彼女はクラクションを鳴らして停止を求めた。直ちに救急車が呼ばれたが、デヴィッド・ファラデー(17)とベティ・ジェンセン(16)は助からなかった。
 二人はデート中に何者かに銃撃されていた。おそらく車内でペッティング中の二人は、犯人から車外に出るよう命じられた。これを拒むと犯人はリアウィンドウに1発、左後部のタイヤに1発撃ち込んだ。驚いて外に飛び出したところ、犯人はデヴィッドの左耳の後ろに拳銃を突きつけて引き金を引いた。逃げるベティは背後から5発撃ち込まれていた。警察が駆けつけた時には彼女はまだ息があった。しかし、病院に運ばれる途中で死亡した。


 半年後の1969年7月5日午前12時40分、ヴァレーホ警察に以下のような電話があった。
「二つの殺人を報告しよう。コロンバス・パークウェイを東に1マイルほど進んだ辺りの駐車場で、茶色の車に乗った男女が死んでいる筈だ。凶器は9ミリのルガーだ。俺は去年もこんな連中を殺っている。あばよ」
 警察がブルーロック・スプリングス・パークの駐車場に急行した時には二人はまだ生きていた。マイケル・マギュー(19)は首を撃たれていたが、幸い致命傷ではなかった。しかし、弾が舌を貫通しており、とても話せる状態ではない。一方、ダーリーン・フェリン(22)は右腕に2発、左腕に2発、背中に5発も撃たれて虫の息。救急車で運ばれる途中に死亡した。
 やがて話が出来るまでに恢復したマイケルは、犯行の状況をこのように語った。
「明るい黄褐色の車が僕らの後方に停まった。僕らを尾けているようだった。『誰か知ってる人?』とダーリーンに訊ねた。彼女は答えた。『いいの、気にしないで。何でもないわ』」
 実は彼女は人妻で、一児の母でもあった。この界隈では発展家として知られていた。
「まもなくその車はヴァレーホ方面に走り去った。だけど5分ほどで戻って来た。やがて僕らは強い光に照らされた。警官だと思った僕は免許証を取り出そうとした。その瞬間に撃たれた」
 マイケルは犯人の姿を見ていた。丸顔でがっしりした体格、身長は170cmほどで25〜35歳。髪は茶色のクールカットだった。

 実はダーリーンは以前から同じ特徴の男にストーキングされていた。4ケ月ほど前にベビーシッターが白い車に乗った不審な男を目撃している。このことをダーリーンに伝えると、彼女はこう答えたという。
「私を見張ってるのよ。私を黙らせようとしてるんだわ。だって私、あいつが人を殺すところを見ちゃったんだもの」
 男は5月にダーリーンの新居で催されたお披露目パーティーにも顔を出している。内装を塗り合う「ペインティング・パーティー」だというのに正装で、黒縁眼鏡をかけたその男は如何にも場違いに見えた。妹のリンダはダーリーンがひどく怯えていたことを憶えている。「あの人、誰?」と訊ねると、彼女はこう答えた。
「そばに寄っちゃ駄目! 絶対に話しかけないでね!」
 リンダによれば、その男はリーと呼ばれていたという。




ゾディアックから送られた暗号文

 1ケ月後の1969年7月31日、地元の3紙『ヴァレーホ・タイムズ・ヘラルド』『サンフランシスコ・エグザミナー』『サンフランシスコ・クロニクル』に犯人からの犯行声明文が届けられた。それは青いフェルトペンで書かれていた。

「親愛なる編集者へ。私は去年のクリスマスにハーマン湖で2人のティーンエイジャーを、7月4日にはヴァレーホのゴルフ場近くで女を殺害した。その証拠として、私と警察しか知らない事実を教えてやろう。
 クリスマス
 1 弾の銘柄はスーパーX
 2 撃った弾は10発
 3 男は車に足を向けて仰向け
 4 女は右手を下に、脚は西向き
 7月4日
 1 女は柄のスラックス
 2 男は膝も撃たれていた
 3 弾の銘柄はウェスタン
 以上。
 同封の暗号文の続きは他2紙の編集者宛に送ってある。貴紙の第1面にこの暗号文を掲載して欲しい。中には私の正体が書いてある。1969年8月1日金曜日午後までに掲載しなかったら、金曜日の夜に殺しのゲームを決行する。週明けには犠牲者は12人に及んでいることだろう」

 手紙には署名の代わりに、円の上に十字を重ねた記号が書かれていた。

 警察の要請により、手紙は部分的にしか掲載されなかったが、暗号文は全文掲載された。全米のパズル好きがこの難問に挑戦した。
 高校教師のドナルドとベティのハーデン夫妻も8月3日日曜日の朝から解読に取りかかった。そして、遂に解読された内容は、実に驚くべきものだった。


 つづく


参考文献

『ゾディアック』ロバート・グレイスミス著(ヴィレッジブックス)
『現代殺人百科』コリン・ウィルソン著(青土社)
『連続殺人紳士録』ブライアン・レーン&ウィルフレッド・グレッグ著(中央アート出版社)
『未解決殺人事件』タイムライフ編(同朋舎出版)
マーダー・ケースブック89(ディアゴスティーニ)
『未解決事件19の謎』ジョン・カニング編(社会思想社)
『平気で人を殺す人たち』ブライアン・キング著(イースト・プレス)
『世界犯罪百科全書』オリヴァー・サイリャックス著(原書房)
『世界犯罪クロニクル』マーティン・ファイドー著(ワールドフォトプレス)
『SERIAL KILLERS』JOYCE ROBINS & PETER ARNOLD(CHANCELLOR PRESS)


counter

BACK