ユルゲン・バルチェ
Jurgen Bartsch (西ドイツ)



ユルゲン・バルチェ

 ユルゲン・バルチェは戦後間もない1946年11月6日、ドイツ西部の工業都市、エッセンで生まれた。私生児だった。5ケ月後、母親が結核のために死亡した。孤児となったユルゲンは、やがてランゲンベルク在住の肉屋の家庭に養子として引き取られた。

 ユルゲンの養母は強迫性障害を患っていた。その症状は不潔強迫というやつで、ユルゲンが他の子供と遊ぶことを許さなかった。汚れることを極度に嫌ったのだ。彼が19歳で逮捕されるその日まで、そのからだを養母が洗っていたという。如何にも異常な家庭である。

 友達を持つことなく成長したユルゲンは、10歳の時にカトリックの厳格な寄宿学校に入学する。ところが、これがいけなかった。寡黙で従順なユルゲンは、好色な司祭の格好の餌食となってしまったのである。そして、自らも男色に目覚め、年少者にちょっかいを出すようになっていた。また、中世の残酷な物語を通じて、サディズムにも興味を抱き始めた。

 寄宿学校を卒業後、家業を手伝っていたユルゲンは、その裏で年少者への淫行に励む毎日を送っていた。寂れた防空壕に言葉巧みに連れ込むと、衣服を脱がせて、その小さな性器を弄ぶのだ。やがて欲求はエスカレートする。
「このおちんちんを切ってしまおう」

 1962年 3月31日 クラウス・ユング(8)
 1965年 8月 6日 ピーター・フックス(13)
 1965年 8月14日 ウルリッヒ・カールウェイス(12)
 1966年 5月 6日 マンフレッド・グラスマン(11)

 そして、1966年6月18日、5人目の犠牲者に逃げられたことで、遂に逮捕されるに至ったのである。

 ユルゲンには一旦は終身刑判決が下されたが、1971年4月、犯行時に未成年であったこと、下級審では精神鑑定が無視されたことが斟酌されて、精神医療施設で治療を受けることを条件に10年の刑に減刑された。

 さっさと娑婆に出たかったユルゲンは、1976年4月28日、去勢手術を受けることに同意した。ところが、これがいけなかった。医師が麻酔の量を間違えて、てけれっつのぱあ。そのまま帰らぬ人となった。

(2010年8月4日/岸田裁月) 


参考資料

http://en.wikipedia.org/wiki/Jurgen_Bartsch
http://www.crimezzz.net/serialkillers/B/BARTSCH_juergen.php
http://www.nndb.com/people/751/000115406/


counter

BACK