マイケル・ベスケ
Michael Bethke (アメリカ)



マカブルのアルバム『Sinister Slaughter』

 イリノイ州シカゴ出身のデスメタル・バンド、マカブルに『ザ・ホワイト・ヘン・ディキャピテイター(The White Hen Decapitator)』という曲がある。歌詞を紹介しよう。


 これはホワイト・ヘン・ディキャピテイターについての歌だ
 彼は店の調理ナイフで仕事仲間を殺した
 そして、何らかの理由でその首を斬り落した
 恰もパンであるかのようにプライス・ガンを押しつけた

 ホワイト・ヘン・ディキャピテイター
 仕事仲間の首を斬り落した
 ホワイト・ヘン・ディキャピテイター
 サンドウィッチを作ったナイフで
 ホワイト・ヘン・ディキャピテイター
 そして、ドアから外に逃げた
 ホワイト・ヘン・ディキャピテイター
 イリノイ州バーナムの店のドアから

 来店した客は我が目を疑った
 陳列棚に大きな驚きが待っていたからだ
 プライス・タグが貼られた頭、額には何かが刻まれていた
 そして、警察は数ブロック離れた場所で、逃走中の彼を捕まえた


 事実は概ね歌詞の通りだ。
 1991年6月6日、イリノイ州バーナムのコンビニエンス・ストア「ホワイト・ヘン・パントリー」において、従業員のマイケル・ベスケは同僚のジョセフ・レシンスキ(49)を殺害し、その首を刃渡り14インチの調理ナイフで切断した。
 ちなみに「ホワイト・ヘン・パントリー」はイリノイ州を中心に展開しているチェーン店で、注文を受けてサンドウィッチを作ることで知られている。

 切断した頭にプライス・ガンでタグを貼り、陳列棚に展示したというのはおそらくガセネタだろうが、額に何かが刻まれていたというのは本当だ。それは「repent(悔い改めよ)」という一文字だった。

 マイケル・ベスケは妄想型統合失調症を患っていたようだ。精神異常を理由に無罪となり、精神医療施設に収容された。

(2011年1月25日/岸田裁月) 


参考資料

http://en.wikipedia.org/wiki/Michael_Bethke
http://en.wikipedia.org/wiki/White_Hen_Pantry
http://www.lyricsmania.com/white_hen_decapitator_michael_bethke_lyrics_macabre.html


counter

BACK