エルミニオ・クリショーネ
Erminio Criscione (スイス)


 1992年3月5日、イタリア国境付近の街、ルガーノで6人が死亡し、6人が負傷する事件が発生した。犯人はエルミニオ・クリショーネという37歳の男だった。彼は13年前まで或る肉屋に勤めていたのだが、襲われたのはその関係者と家族だった。

 アサルトライフルで武装したクリショーネがまず訪れたのは、かつての同僚で親友の家だった。呼び鈴を押して待つことしばし。そして、ドアが開くや否や発砲した。幸いにも被害者は一命を取り留めている。
 しかし、次に訪れた元同僚の家は凄惨を極めた。家族の4人が死亡し、3人が重傷を負ったのである。
 クリショーネが最後に訪れたのは肉屋の店主の家だった。ところが、店主は留守だった。已むなくクリショーネはその妻の足を撃ち、
「また来るからな!」
 と叫んで走り去った。
 以上の狼藉は午後7時から9時までの2時間の出来事だった。

 間もなくクリショーネは、車の中でさめざめと泣いているところを武装警官に包囲された。
 結局、彼が何故に犯行に及んだのか、何故に泣いていたのかは判らず仕舞いだ。何故なら2日後に拘置所の中で首を吊ってしまったからだ。数多の謎を残してクリショーネは逝った。
 なあお前、いったい何がしたかったんだい?

(2011年2月2日/岸田裁月) 


参考資料

『THE ENCYCLOPEDIA OF MASS MURDER』BRIAN LANE & WILFRED GREGG(HEADLINE)
http://www.users.on.net/~bundy23/wwom/criscione.htm
http://articles.latimes.com/1992-03-06/news/mn-3342_1_swiss-villages


counter

BACK