ダニエル・ラコヴィッツ
Daniel Rakowitz (アメリカ)



ダニエル・ラコヴィッツ


雄鶏を抱えたラコヴィッツとホームレスたち

 テキサス生まれの風来坊、ダニエル・ラコヴィッツ(29)はニューヨークのイースト・ヴィレッジではちょっとは知られた顔だった。長髪に髭面で、まるで一昔前のヒッピーのよう。いつも雄鶏を肩に乗せて、トンプキンス・スクエア・パークでマリファナを密売して暮らしていた。その実質はホームレスだが、彼には一応、住み処があった。トップレスダンサーのモニカ・ベアル(26)のアパートに転がり込み、同棲していたのである。

 ところが、1989年8月19日を境にモニカの姿が見えなくなった。勤め先の『ビリーズ・トップレス』にも現れないし、通っていたダンス学校にも現れない。やがてトンプキンス・スクエア・パークにたむろする連中の間で、このような噂が囁かれ始めた。

「どうやらラコヴィッツの野郎が殺しちまったようだ」
「遺体はバラバラにして食べたとか云ってたぜ」
「脳味噌で作ったスープは絶品だったそうだ」
「俺、奴さんがそのスープをホームレスに振る舞っているのを見たぜ」

 この噂はやがてニューヨーク市警の耳に入る。早速、ラコヴィッツを尋問したところ、彼はあっさりと犯行を自供した。但し、殺してはいないし、食べてもいない。あくまでも事故で死なせてしまい、遺体を処分するためにバラバラにして茹でたのだと主張した。
「どうして茹でたんだ?」
「肉を削ぎ落して骨だけにするためです」
「その骨はどうした?」
「ほとんどは棄てましたが、気に入ったものは取ってあります」
 それはモニカの頭蓋骨だった。

 かくしてラコヴィッツは殺人容疑で裁かれたわけだが、陪審員は精神異常と判断し、無罪を評決した。これに喜び勇んだラコヴィッツは、彼らに向かってこのように語りかけた。
「ありがとう。いつか一緒にマリファナをやりましょう」
 やるか、バカ。

 ラコヴィッツがモニカ・ベアルを食べたのか、その真偽は判らない。判らないが、こんなバカならば食べてしまってもおかしくない。そんな一件だった。
 なお、ラコヴィッツは今もなお精神医療施設に収容されている。

(2010年12月24日/岸田裁月) 


参考資料

http://en.wikipedia.org/wiki/Daniel_Rakowitz
http://www.users.on.net/~bundy23/wwom/rakowitz.htm
http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9D0CE0D8163EF930A15751C0A967958260


counter

BACK