ヴァーノン・レイノルズ
Vernon Reynolds (イギリス)


 ヴァーノン・レイノルズ(43)はノース・ウェールズのリゾート地、スランディトノで簡易ホテルを経営していた。もっとも、彼が一から始めたわけではない。妻デニスの実家が簡易ホテルだったので、その経営を引き継いだのである。
 当初は夫婦の仲は円満だったが、次第に亀裂が入り始め、1991年12月初頭には遂に別居に至る。居所は妻の実家だから、追い出されたのはヴァーノンの方である。彼はその後もたびたび復縁を迫ったが、デニスは頑として受け入れなかった。

 1991年12月31日、デニスの実家では新年を迎えるパーティーが催されていた。そして、午後11時を回った頃、突如としてヴァーノンが闖入し、3人の子供が見ている前でデニスにキッチン・ナイフを突き立てた。彼女は庭に逃げたが助からなかった。止めに入った父親や妹も重傷を負った。

 この事件が面白いのは(と云ってはいけないのだが)ここからだ。ヴァーノンはデニスの死を確認すると、愛車のモーリス・マリーナに飛び乗り、A470号線を南走した。そして、緊急通報を受けたパトロールカーにタル=ア=カブン辺りで追いつかれた。すると、ヴァーノンはなんと、対向車線にハンドルを切り、先方から来るミニに衝突した…。
 この衝突事故により、ニュー・イヤーズ・パーティーへと向かう3人の若者が死亡した。

 ロバート・ジョーンズ
 アーウィン・ロバーツ
 ブラインリー・ロバーツ


 ヴァーノンはしばらくの間は生きていたが、車体から救助される頃には死亡した。
 さて、この衝突事故は故意であったのか、はたまた過失であったのか? おそらく故意なのだろうな。ヴァーノンはかつてはタクシー運転手だった。故にかなりの運転技術があったわけで、過失とは考えにくいのだ。彼は自殺するために、3人の若者の命を犠牲にしたのだろう。

(2011年1月28日/岸田裁月) 


参考資料

『THE ENCYCLOPEDIA OF MASS MURDER』BRIAN LANE & WILFRED GREGG(HEADLINE)
http://www.users.on.net/~bundy23/wwom/reynolds.htm
file://localhost/Users/kishidasaigetsu/Desktop/reynolds/NewsFilm%20Online%20-%20STABBING%20MURDER%20_%20CAR%20CRASH.mht


counter

BACK