シンシナティ・ストラングラー
The Cincinnati Strangler (アメリカ)



ジャネット・メッサーの遺体発見現場


ポスティール・ラスキー

 1965年から1966年にかけて、オハイオ州シンシナティでは年輩の女性が強姦された挙げ句に絞殺される事件が相次いでいた。マスコミにより「シンシナティ・ストラングラー」と命名された一連の事件である。

  1965年12月2日、イースト・マクミラン通りの自宅アパートで、56歳のエモギーン・ハリントンが殺害された。凶器は物干し綱だった。

 1966年4月4日、プライス・ヒルの自宅アパートで、58歳のロイス・ダントが殺害された。

 1966年6月10日、ブルネット・ウッズという遊歩道で、56歳のジャネット・メッサーが殺害された。ちなみに、彼女と共に散歩していた飼い犬は無事に発見された。

 1966年8月14日、プライス・ヒルの林の中で、31歳のバーバラ・ボウマンが殺害された。最も若い犠牲者だ。彼女の足取りはタクシーに乗車してから途絶えていた。故にその運転手が何らかを知っている可能性が高い。

 1966年10月11日、50歳のアリス・ホッチハウスラーが自宅の車庫で殺害された。自家用車で帰宅したところを襲われたようだ。

 1966年10月20日、バイン通りに面した自宅の寝室で、81歳のローズ・ウィンステルが殺害された。凶器は電気布団のコードだった。

 1966年12月9日、同じく81歳のレイラ・ケリックが、自宅アパートのエレベーター内で殺害された。彼女だけは強姦されていなかった。

 その数日後、バーバラ・ボウマン殺害の容疑で28歳の黒人男性が逮捕された。ポスティール・ラスキー。ボウマンを乗せたタクシーの運転手だった。
 彼は一連の事件への関与を一切否定した。また、ボウマンの件を除けば、その犯行を裏づける証拠は見つからなかった。故にラスキーはボウマンの件でのみ裁かれるに留まり、それ以外の件は未解決のままである。但し、彼が逮捕されて以降、類似の事件が途絶えたため、彼こそが「シンシナティ・ストラングラー」だったと看做されている。

 なお、ポスティール・ラスキーは有罪となり、死刑を宣告されたが、1972年6月に全米で死刑執行が停止されたため、終身刑に減刑された。そして、仮釈放が認められることなく、2007年5月29日に獄中で死亡した。

(2012年3月22日/岸田裁月) 


参考資料

http://en.wikipedia.org/wiki/Cincinnati_Strangler
http://cincinnati.com/blogs/ourhistory/2010/11/30/cincinnati-strangler-terrorized-city/
http://www.crimezzz.net/serialkillers/L/LASKEY_posteal.php


counter

BACK