キャサリン・フラナガン
マーガレット・ヒギンズ
Catherine Flannagan
Margaret Higgins
a.k.a. Black Widows of Liverpool (イギリス)



キャサリン・フラナガン(左)
マーガレット・ヒギンズ(右)

 1884年3月3日、リヴァプールにおいて2人の女性が絞首刑により処刑された。キャサリン・フラナガン(55)とマーガレット・ヒギンズ(49)の姉妹である。彼女たちはマーガレットの夫、トーマス・ヒギンズ(45)を殺害した容疑で有罪となり、死刑を宣告されたわけだが、この他にも少なくとも3人を殺していると見られている。

 彼女たちがどのような出自で、どのような暮らしを送っていたのかは判っていない。とにかく、1880年頃にリヴァプールのスカーヴィング・ストリートで下宿屋を始め、そこの同居人が続々と死亡したのである。

 まず死亡したのはキャサリンの息子、ジョン・フラナガン(22)だった。急な腹痛と嘔吐に見舞われ、苦しみ抜いて死亡した。1880年12月のことである。彼には70ポンドの生命保険が掛けられていた。

 1882年10月、マーガレットは下宿人のトーマス・ヒギンズと結婚したが、その数ケ月後、トーマスの娘のメアリー・ヒギンズ(8)が死亡した。その症状はジョン・フラナガンと同じだった。やはり彼女にも生命保険が掛けられていた。

 1883年1月には下宿人のマーガレット・ジェニングス(19)が死亡した。その症状は云わずもがな。親族でもなんでもない彼女にも生命保険が掛けられていたので、この辺りで地元警察は姉妹の犯行に気づくべきだった。

 そして、1883年9月、トーマス・ヒギンズが死亡した。このたびはヒギンズの親族が警察に願い出て、検視解剖が行われたために悪事が露見した次第である。死因は砒素中毒だった。

 キャサリンとマーガレットの姉妹は、同居人に砒素を盛ることでこれまで暮らして来たようだ。実の息子にまで盛るのだから呆れてしまう。その年齢を考慮すれば、犠牲者は4人では済まないだろう。おそらく十数人に及ぶのではないだろうか。

(2012年10月11日/岸田裁月) 


参考資料

http://en.wikipedia.org/wiki/Black_Widows_of_Liverpool
http://www.murder-uk.com/
http://www.truecrimelibrary.com/crime_series_show.php?series_number=3&id=182
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/england/2269613.stm


counter

BACK