ダグラス・グレッズラー
ウィリアム・スティールマン

Douglas Gretzler & William Steelman (アメリカ)



ダグラス・グレッズラー


ウィリアム・スティールマン

 ブロンクス出身の流れ者、ダグラス・グレッズラー(22)がアリゾナ州メサの安酒場でウィリアム・スティールマン(28)と出会ったのは1973年10月11日のことである。両名はたちまち意気投合し、旅に出掛けることにした。それは無秩序と暴力に溢れたトンデモない旅だった。

 17日後の10月28日、地元のトレーラーハウスに侵入し、ロバート・ロビンス(19)とキャサリン・メスタイター(18)のカップルを射殺。先立つ路銀を手に入れる。

 その後、ツーソンに南下する途中でギルバート・シエラ(19)を射殺。そして、ツーソンに到着するや否やアパートに侵入し、マイケル・サンドバーグパトリシア・サンドバーグの夫妻を射殺。金目の物と車を奪う。直後に寝袋で睡眠するヒッチハイカー(身元不明)を面白半分で殺害している。

 やがてカリフォルニア州に逃げ延びることにした両名は、途中のフェニックスでマイケル・アドシェイドケン・アンレインを誘拐。射殺後に衣服を剥ぎ取り、カリフォルニア州オークデイルの溝に突き落としている。

 いやはや、無茶苦茶である。
 ページが短い間にこれほど血みどろになったのは初めてだ。

 さて、いよいよメインの事件である(まだあるんかい!)。
 最初の殺人から9日後の11月6日、グレッズラーとスティールマンはカリフォルニア州ビクターのパーキン夫妻の家に侵入し、以下の者を殺害した。

 ウォルター・パーキン(この家の主人)
 ジョアン・パーキン(ウォルターの妻)
 リサ・パーキン(パーキン夫妻の娘・11歳)
 ロバート・パーキン(パーキン夫妻の息子・9歳)
 デブラ・アール(18歳)
 リチャード・アール(デブラの父親)
 ワンダ・アール(デブラの母親)
 リチャード・アール・ジュニア(デブラの弟)
 マーク・ラング(デブラの恋人)

 状況を説明しよう。その晩、パーキン夫妻はボーリングに出掛けていた。デブラ・アールは夫妻に頼まれて、子供たちの面倒を見ていたのだ。そこにデブラの両親と弟、そして恋人が訪ねて来た。だから、これだけの大人数が殺されてしまったのである。

 パーキン夫妻の友人にして同居人、キャロル・ジェンキンスも犠牲になる可能性があった。しかし、その晩はたまたまデートに出掛けていた。帰宅したのは午前3時。その頃には下手人たちは既に逐電していた。
 帰宅したキャロルは、誰にも挨拶することなく寝室に直行した。そして、明け方にマーク・ラングの友人たちに起こされた。
「マークが何処にもいないんだ。ここにいるかと思って」
 間もなくキャロルは主寝室でパーキン夫妻の遺体を、そして、収納部屋で残りの遺体を発見した。「残りの」といっても老若男女あわせて7人である。さぞかし凄まじい光景だったことだろう。銃弾が25発も費やされていたというから尚更だ。

 その翌日の11月8日、ダグラス・グレッズラーとウィリアム・スティールマンはサクラメントのホテルで逮捕された。既にアリゾナ州で重要指名手配されていたので、写真がカリフォルニア州でも出回っていたのである。

 かくして2人のならず者、というか神をも恐れぬ鬼畜だな、こいつらは。とにかく、こいつらはカリフォルニア州で9件の殺人容疑で終身刑、その後、アリゾナ州に移送されて8件の殺人容疑で死刑を宣告された。そして、スティールマンは1987年に獄死。グレッズラーのみが1998年6月3日に薬物注射により処刑された。当然の報いである。

(2012年3月29日/岸田裁月) 


参考資料

http://www.crimelife.com/killers/steelman.html
http://www.trutv.com/library/crime/serial_killers/partners/team_three/6.html
http://www.azcentral.com/specials/special32/articles/06230622EXEgretzler-ON.html


counter

BACK