ハワード・グロスリー
Howard Joseph Grossley (イギリス)



 1945年3月10日、ウェールズ南部ブリッジェンドの捕虜収容所、アイランド・ファーム・キャンプからドイツ人捕虜67人がトンネルを掘って脱走した。付近一帯は大騒ぎである。脱走者は徐々に逮捕されたが、2日後に最悪なニュースが舞い込んだ。女性が脱走したドイツ人に撃たれたというのだ。

 否。これは誤報で、撃ったのは女性の内縁の夫だった。事情はこうだ。
 3月12日の夜、被害者のリリー・グリフィスは内縁の夫、ハワード・グロスリー(37)と共にポーチコールの自宅付近を散歩していた。と、そこに脱走者が現れて、リリーのハンドバッグを寄越せと脅して来た。グロスリーは携帯していたリボルバーを手に取り、脱走者に発砲した。ところが、その弾は脱走者にではなく、リリーに命中してしまった…。

 これはグロスリーの供述に基づくものであり、後に瀕死のリリーも病床で認めたところである。しかし、この供述には矛盾が多過ぎる。まず、どうして近所を散歩するだけなのにリボルバーを携帯していたのか? 脱走者を警戒していたのなら、そもそも散歩などしない筈だ。また、脱走者を撃とうとして愛しい人を撃ち間違えるだろうか? というのも、ハワード・グロスリーは一般人ではなく、ロンドンに赴任していたカナダの軍人だったのだ。彼自身が祖国に妻子がいる脱走兵だったのである。そんな男が内縁の妻を銃撃したのだ。額面通りに受け取るわけにはいかない。

 間もなく病床のリリーは供述を変えた。
「ハワードはとても落ち込んでいました。脱走兵であること、そして、祖国に妻がいること。『もう堪えられない』と彼は自殺を図りました。私が止めに入り、そして撃たれたのです」
 つまり、自殺を図ったグロスリーの代わりに撃たれたと証言したのだ。そして、3月16日に死亡した。
 しかし、この証言は法廷では受け入れられなかった。

 かくして、ハワード・グロスリーは内縁の妻殺しで有罪となり、死刑を宣告されて、1945年9月5日に処刑された。リリーは最後の最後まで内縁の夫を弁護していたが、身体は痣だらけだったという。日頃から調教されていたのだろう。

(2012年10月14日/岸田裁月) 


参考資料

http://www.murder-uk.com/
http://www.islandfarm.fsnet.co.uk/Murder%20Mystery%20In%20Porthcawl.htm
http://www.truecrimelibrary.com/this_week_in_crime.php?id=301


counter

BACK