ジョン・ハッチンソン
John Hutchinson (イギリス)



 ちょっと考えられない事件である。キム兄ならば「考えられへん!」と連呼することだろう。

 ダービーシャー連隊を除隊したばかりのジョン・ハッチンソン(29)は、ノッティンガムのマシューズ家に間借りしていた。
 1905年1月31日、まだ無職のハッチンソンは、その日の午後はパブで過ごし、かなり酔った状態でマシューズ家に帰宅した。午後5時頃のことである。すると、マシューズ夫人に頼まれた。

「これからちょっと出掛けるんだけど、息子を見ていてくれないかしら」

 息子とは、まだ5歳のアルバート・マシューズのことである。ええ、結構ですよとハッチンソンはマシューズ夫人を送り出す。数時間後、夫人が帰宅すると、なんとアルバートは殺されていた。激しく殴打されて、首を切断されていたのである。
 警察に理由を訊かれたハッチンソンはこのように答えた。

「アルバートが私に火かき棒を投げつけたんです。それでカッとなって我を忘れてしまいました」

 いやいやいや、いくら我を忘れたからって、子供の首は切らないよ。というか、切れないよ。マトモな精神の持ち主ならば。

 法廷における争点は、ハチンソンが精神異常か否かだった。弁護人は彼の家族の4人もが精神病院で自殺している旨を証拠として提出した。ところが、陪審員は精神異常とは認めなかった。おそらく処罰感情がそうさせたのだろう。かくして、ハッチンソンには死刑判決が云い渡されて、同年3月29日に絞首刑により処刑された。

(2012年10月21日/岸田裁月) 


参考資料

http://www.murder-uk.com/
http://www.britishexecutions.co.uk/execution-content.php?key=156


counter

BACK