ジョン・ジェイソン・マクラフリン
John Jason McLaughlin (アメリカ)



ジョン・ジェイソン・マクラフリン

 2003年9月24日、ミネソタ州コールド・スプリングのロコリ高校で銃撃事件が発生した。生徒のジョン・ジェイソン・マクラフリン(15)が廊下で、クラスメイトのセス・バーテル(15)に向けて22口径の拳銃を2回発砲したのだ。1発目はバーテルの胸に命中した。2発目はたまたま隣りにいたアーロン・ロリンズ(17)の首を貫いた。

 バーテルは近くの体育館に逃げ込んだが、追い掛けるマクラフリンに頭を撃たれて崩れ落ちた。そのすべてを目撃していた体育教師、マーク・ジョンソンは叫んだ。
「やめろ!」
 マクラフリンは素直に従い、銃を放棄した。
 ロリンズは間もなく死亡し、バーテルも16日後に死亡した。

 法廷において、マクラフリンは殺意は否定した。あくまでも傷害の意図しかなかったと主張したのだが、頭を狙っていたからにはこの主張は通らない。かくして、マクラフリンは第1級殺人と第2級殺人の容疑で有罪となり、終身刑が宣告された。仮釈放は2038年まで認められない。

 ちなみに、犯行動機は「イジメに対する報復」だった。マクラフリンを診断した或る精神科医はこのように語っている。
「彼は己れが犯したことを道義的に正しいことだと信じていました」

(2013年1月24日/岸田裁月) 


参考資料

http://en.wikipedia.org/wiki/Rocori_High_School_shooting
http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_attacks_related_to_secondary_schools
http://murderpedia.org/male.M/m/mclaughlin-jason.htm


counter

BACK