アンソニー・ミラー
ジェイムス・デノヴァン

Anthony Miller
James Denovan (イギリス)



 アンソニー・ミラー(19)とジェイムス・デノヴァン(16)はゲイ専門の恐喝チームだった。彼らが暮らすグラスゴーのクイーンズ・パークにある公衆便所はゲイのハッテン場として知られていた。そこで美少年のデノヴァンがおとりになり、後からミラーが現れて美人局のようなことをしていたのだ。当時の英国では同性愛は違法だったので(スコットランドでは1980年まで違法だった)、警察に訴える者は一人もいなかった。故にいい稼ぎだったのである。

 ところが、1960年4月6日に破局は訪れる。小悪党のジョン・クレメンが抵抗したために、頭部を木材で殴打して殺害してしまうのである。両名は67ポンドの現金と時計、そして預金通帳を奪ってトンズラしたが、ゲイ専門の恐喝事件は発覚し、遂に逮捕に至ったのだ。

 アンソニー・ミラーは死刑を宣告され、1960年11月14日に絞首刑により処刑された。彼は英国における最後の未成年死刑囚である。
 一方、相棒のジェイムス・デノヴァンはその年齢が考慮され、不定期刑に処された。犯行はミラーが主導していたので、この結論は已むを得ない。

(2012年10月9日/岸田裁月) 


参考資料

http://www.murder-uk.com/
http://en.wikipedia.org/wiki/Anthony_Miller_(murderer)
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:hhMKMHnZPysJ:www.dailyrecord.co.uk/news/uk-world-news/scots-lawyer-on-case-that-convinced-him-1077575+James+Denovan,+Anthony+Miller&cd=2&hl=ja&ct=clnk&gl=jp


counter

BACK